カジノ合法化.COM

Read Article

カジノ開業は東京オリンピックに間に合うか!?

これまで何度も繰り返されてきた

「カジノ法案提出詐欺」ですが(笑)

どうやら今年は大きな進展がありそうです。

 

過去に例がないぐらいに一般のニュースで

何度も大きく取り上げられている通り

カジノ解禁法案が国会へ提出されて

国内カジノ誘致が現実味を帯びてきていますね。

 

で、具体的にはどんな議論が行われているの?

 

 

マスコミが報道するカジノ解禁への具体的構想

 

IR議連(国際観光産業振興議員連盟)のIR、

いわゆる統合型リゾート解禁の基本方針は以下の通り。

 

まずどこでカジノを運営するべきか論は

以前から続いている議論で大きな関心事項なわけですが

日本全国に設置するべきではないとの見解が出ていて

国が特別認可を与えた自治体のみが運営できる見通しです。

 

カジノ解禁を推進する大きな理由の一つに

経済振興があり、特に海外観光客の取り込みが狙いなので

その点を含めていろいろな試算が行われているのでしょう。

 

 

また国内経済の面ではカジノ運営企業はもちろん、

施設の建設やゲーム機器など、運営に関わる企業を

厳正な審査の上で選定する必要が有りますが

これも経済復興に大きな効果が見込まれますね。

 

 

海外企業VS国内企業

 

カジノ解禁によって間違いなく経済的効果は有りますが

カジノを運営する企業は海外企業の可能性も有ります。

 

特にラスベガスやマカオなどで既にカジノ運営を行っていて

運営ノウハウを持っているのは海外企業でしょう。

 

一方で一部の国内企業も日本でのカジノ解禁を見据えて

海外企業との提携を進めているところもあるので

国内外での協業になるかもしれません。

 

 

いずれにしても日本は先進国の中では珍しい

カジノ未解禁の魅力的な市場として注目されていて

世界一の規模を誇るマカオに匹敵するぐらいの

大きな市場になると予想している企業もあります。

 

2020年の東京オリンピックで世界中から

観光客が集まる時までにカジノ第一号店が開業できるのか

注目していきたいところです。

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Let’s challenge !!

Return Top