カジノ合法化.COM

Read Article

ベトナムの複雑なカジノ事情

ベトナム人がカジノ入場が禁止されていることと

同時にベトナム人が近隣諸国のカジノへ遊びに行く傾向から考えると

ベトナム国内でのカジノ解禁をするべきでしょうね。

 

そもそも国民に禁止しているカジノを国内に作っている事自体がおかしいかと。

 

 

 

ベトナムで最大のカジノとなる「MGMグランド・ホーチャム・カジノ」建設案件が、

東南部バリアブンタウ省で進行中で、来年2月にも一部がオープンする予定になっている。

しかし、国内のカジノにベトナム人が入場することはいまだに許されていない。30日付カフェエフが報じた。

 

その一方で、シンガポール、マレーシア、カンボジアなどのカジノに、

ベトナム人客が押し寄せるという逆説的な現象が生じている。

今年5月、カンボジアに5つ星ホテルとカジノから成る「ナガワールド」がオープンした。

 

ホーチミン市に事務所が開設され、ベトナム人向けの格安カジノツアーが繁盛しているという。

ベトナム商工会議所(VCCI)法制部のチャン・ヒュー・フイン部長によると、

ベトナム人の国内カジノへの入場は禁止されてはいるが、

これまで実態調査が行われたことはなく、外国のカジノに出かける

ベトナム人の調査もされたことがないという。
ベトナム観光開発研究所のファム・チュン・ルオン副所長は、

ベトナム人が外国のカジノに流れるのを防ぐため、

国内のカジノへの入場許可を検討すべき時が来ていると主張している。

(VIETJOより)

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Let’s challenge !!

Return Top