カジノ合法化.COM

Read Article

ティッシュ王子がまたカジノの印象を悪くする

ティッシュ王子の事を覚えていらっしゃいますか?

 

大王製紙の前会長さん、井川意高被告です。

 



 

ANN Newsによると・・・

 

巨額の借入金は「カジノで勝って返そうと思っていた」と、神妙な顔つきで話しました。

大王製紙の前会長・井川意高被告(47)は去年3月から9月までの間に、

子会社7社から合わせて55億円余りを無担保で借り入れ、

会社に損害を与えたとして特別背任の罪に問われています。

 

18日の被告人質問で井川被告は、巨額の借入金をカジノにつぎ込んだ理由を、

「10億円勝って返済できたことがあり、勝って返そうとした」と説明しました。

また、医師に「ギャンブル依存症と診断された」と自ら述べました。

未返済のままの借入金については、保有する子会社などの株式で返済するということです。

 

ということです・・・

 

 

カジノだけでなく、ギャンブルって自制心が無いと

確かにいろいろと問題になるケースは有るわけですが、

こういった本人に問題があることが自然とギャンブル自体に問題があると

すり替えられることがよくあり、特にまだギャンブルをやらない人に

悪い印象を与えますよね。これって業界にとっては非常に良くないことです。

 

こういった問題が社会に悪影響を与えなければよいのですが。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Let’s challenge !!

Return Top